2021年度の卒論修論ゼミ

2021年度の南浦研究室の卒論修論ゼミは,3年生7名(A国,B国,A国日本語教育),4年生2+2名(A国日本語教育+E類多文化共生教育から兼ゼミ),研究生1名という構成員です。

毎週月曜日4限に3年生,4年生合同によるゼミを行い,協働で進めています。また,火曜日2限に日本に入国できていない研究生と,上の合同ゼミでは対応できない個別の課題の相談を必要に応じて進めています。

また,日本語教育コースの学生は木曜日4限に,他3名の教員との合同で,日本語教育コース全体でゼミ活動を進めています。

3年生は春学期は個人の卒論テーマを検討するのではなく,全体で複数の本を選んで読み,テーマの掘り下げ,ディスカッションを通した関係性の構築を進めています。
今年は3年生が国語教育(A国,B国)と日本語教育のどちらもの学生がいることもあり,どの専門性の人にも関わる少し射程の広い本を読む必要があります。
と言うことで,石井英真ほか(編)『流行に踊る 日本の教育』(東洋館出版社, 2021年)と,佐藤慎司・佐伯胖(編)『かかわることば―参加し対話する教育・研究へのいざない』(東京大学出版社,2017年)を読んでいます。

そこから教育に関わる論点争点を検討して国語・日本語教育へ結びつけること,研究における主観性と客観性の問題などを検討しています。

それに合わせて,4年生の研究テーマを3年生と共有しながら検討し,データや分析視点の検討を進めています。4年生の研究テーマは,TRPGを用いた言語教育教材の開発,インクルーシブな教室空間におけるマルチモーダルな言語教育の検討です。

留学生のほうは,感染症対策の関係で入国できない状況が続いていますので,Teamsを用いた遠隔ゼミを別途設け,海外の中等教育機関における日本語教育カリキュラムの検討を進めています。


研究室に関わった先輩の卒業論文・修士論文

2020年度

帰国児童に対する国際学級国語科実践のアクション・リサーチ研究―新任教師のフレームの変容過程に着目して〈修士論文〉
Keyword: 国語科教育と日本語教育の融合,複言語主義,トランスランゲージング,アクション・リサーチ など

学習者の自律性を育む日本語教育―学習者へのインタビューから見えた学習環境と自律性の関係
Keyword: 自律性,学習環境,日本語実践分析 など

現代日本における母語話者の日本語に対する規範意識に関する研究―小学校国語教科書・児童用日本語教科書・小学校書写教科書における「文字を書くこと」についての指導の規範
Keyword: 文字指導,母語の規範意識,批判的談話分析 など


2019年度

在籍学級における外国人児童の学びの保障
Keyword: インクルーシブ、在籍学級の学び,フィールドワーク など

日本語教育のマネジメント研究
Keyword: 食べていける日本語教育、組織作り、文献調査 など

海外の日本語教育機関におけるカリキュラム開発
Keyword:継承語、アメリカ補習授業校、実施したカリキュラム、インタビュー など

第二言語による学習参加のための教育ツールの開発
Keyword: ゲーム開発,コミュニケーション、学習参加 など


2018年度

多様な日本語教育現場の状況を踏まえた教師の実践構築プロセスの研究─教師へのインタビューを通して〈修士論文〉
Keyword: 教授法の創造、ポストメソッド,教育観,内容と言語の統合 など

外国人児童生徒に対する評価方法の研究─高校教員の評価に関する工夫と葛藤を視点として
Keyword: 高等学校、外国人児童生徒、評価、評価観 など

多様性村長時代における日本語教育─性的マイノリティに対する先行研究と3つの実践から考える
Keyword:方言、日本語学習者、関西方言 など

日本語教育の教室における使用言語と学習の公正性―都議会言説と自治体の教材の関連性を手掛かりに
Keyword: 東京都議会,自治体教材,言説 など

地方在住の日本語学習者の言語獲得意識―大阪から東京に移動したタイ人留学生の語りを通して
Keyword:方言、日本語学習者、関西方言 など

聞く力の軽視 聞く力を伸ばす実践とは
Keyword: 国語科教育、聞く力、教室実践 など

人口減少時代における外国人材のための日本語教育
Keyword:日本語学校経営、人口減少社会、地域共生、PBL など


2017年度

日本語教育における「教師の教室内発話」の意識についての研究―「ティーチャー・トーク」をオルタナティブに拓く〈修士論文〉
Keyword: ティーチャー・トーク言説、教師の教室内発話,教育価値観,教師教育 など

日本への移動経験者とその周りの子どもたちとの関係構築過程の研究
Keyword: 移動経験者と周りの子どもの関係構築,ライフストーリー,TEA など

学校における言語景観―提示の方法とメッセージ性の分析
Keyword: 学校言語景観,質的分析,環境の打破 など

生涯教育としての日本語教育のあり方について―フィリピンでの実践的研究を視点に
Keyword:海外の子どもたち,日本に行く/日本人と話すではない日本語教育,実践分析 など


ここより以前は山口大学教育学部(小学校総合教育コースおよび社会科教育選修担当)所属時代です

2016年度

小学校社会科における「対話」の再考―教師-子どもの権威関係に注目して〈修士論文〉
(山口大学の2015年度までのゼミ生,2016年度は南浦移動により副査として)
Keyword: 対話、ワーチ、権威関係、歴史学習 など

学校教育と複言語複文化的視点
(南浦異動のため2016年度は源田ゼミに所属)  Keyword: 複言語主義,外国人児童生徒,学校教育


2015年度

特別支援教育における「福祉」の視点の可能性
Keyword: 包括的ケア、分析的ケア など

小学校教員の成長に資する「理論」の捉え方の研究
Keyword: 理論と実践、実践の中の理論 など


2014年度

省察と成長の循環―「あの関わり」の捉え方の変化を通して
Keyword: 省察の意味,社会的状況との関わり,教師の成長 など

ダイアローグによる歴史学習の基礎的研究―オーラル・ヒストリーを視点に
Keyword: ダイアローグ,オーラル・ヒストリー,歴史学習 など

外国人児童をどのように支えるか―「つながりの支援」から「つながりの実践」へ
keywords: 外国人児童生徒,日本語教育 など

先の見えない社会におけるキャリア教育―「ワーク」から「ライフ」へ
keywords: 異年齢集団(中学生と大学生or大人),キャリア形成促進,コミュニティ・スクール など

学校を超えて生かせる力の育成としての隠れたカリキュラム―小学校教育コースの分析から
keywords: 意図的な隠れたカリキュラム,活用力,教師の手立て など

道具としての黒板の活用―子どもの主体的な学びのために
keywords: 対話型黒板,機能,教師の授業観と黒板観 など


2013年度

授業における小中連携を探る研究
Keyword: 小中連携,社会科 など

授業内における教師の指導・支援の意図―「現場経験が子どもを見る目を作る」を越えて
Keyword: 教師の意図,子どもへの対応,チューターの意味 など

中学校社会科教師のライフストーリー研究―大学卒業後の教師の成長に注目して
keywords: 教師の成長,社会科教育観,ライフストーリー など

外国にルーツを持つ子どもに日本の学校教育が与える影響
keywords: マイノリティ,多文化教育 など

学習指導における小学校教員の専門性についての探索的研究
keywords: 小学校教員の学習指導の専門性,教科内容≠教育内容 など


2012年度

「教師と子どもの思い」から授業の横断的目標を見つける研究―小学校の特別支援教育を中心に
Keyword: 教師の実際カリキュラム,横断的目標,特別支援教育

学習指導における「学び合い」の研究
Keyword: 学び合い,アクションリサーチ